大切な結婚指輪

結婚指輪というのは、結婚した証でもあり、結婚した二人の永遠の愛が込められている大切な指輪と言われています。

結婚指輪について知るmainimage

大切な結婚指輪

日本では結婚をしている夫婦の多くが左手の薬指に結婚指輪をつけていますよね。

なぜ、結婚指輪をするのか?
そもそもなぜ身に付けるのか?
いわれはなにか?

結婚したらそれが当たり前と考えている人もいるかもしれませんね。

結婚指輪をどうしてするのかといえば、結婚指輪の歴史というのは実に古いものだそうです。

確かに指輪は、古くからお守りや祈祷の際に用いられます。

特別な装飾品として崇められていたという印象があります。

指輪=リングになっていて、切れ目がなく終わりがありません。

その形から、縁起が良いと考えられていたとも考えられます。

結婚指輪というのは、結婚した証でもあり、結婚した二人の永遠の愛が込められていると言われています。

元々は宗教的な意味あいもあります。

その信者である人が夫婦になった証に付けられていました。

次第に信者でない一般的な夫婦にも広まっていった様です。

左手の薬指にはめられるのはなぜでしょうか?

それは様々な説があります。

最も多く聞かれるのが、左手の薬指にある血管が心臓と繋がっていると思われているからだそうです。

心臓といえばハート。
ハートと言えば愛。

そこに繋がっている指となれば、誓いのリングはそこにはめると考えてもおかしくありませんよね。

途切れることのない輪廻の象徴でもあるリングを薬指にはめることで、永遠の愛が続くことを願っているのかもしれません。

せっかくの永遠の愛の証・・・信頼できるお店で買いたいものです。

>>>信頼の銀座ダイヤモンドシライシ